代表プロフィール

愛犬サリーです
愛犬サリーです

☆しげ☆(中繁芳久)

よみがえりアクティベーター

 

1961年、山口県宇部市生まれ。幼少を山口県防府市、島根の古都松江市で過ごし、高校まで水の都新潟市で育つ。

親のすねをおおかじりして憧れの東京へ、立教大学経済学部でドラッカー経営学・組織論・管理論・日本的経営を学び、自由闊達な社風のオリックス(旧オリエントリース)に入社。大阪本社でナニワの商売道と営業・ビジネスの基礎、創意工夫の精神を学ぶ。

仕事は厳しく、やりがいはあったが、新たな世界と刺激を求めて28歳で転職するも挫折。折しも世の中はバブル真っただ中、神戸で一年を過ごしたのち、先輩たちと神奈川で節税コンサルの会社を立ち上げ大儲け。

しかしバブルがはじけ、共同事業が立ち行かなくなり、1991年FP(ファイナンシャルプランナー)資格取得を機に東京で再起業する。当時はまだ無名のFP業務だったが、銀座とは名ばかりのちいさな雑居ビルで虚勢を張って事業開始。法人向けの独立系FPとして設立した会社は増資して「株式会社こおけん財務総合研究所」に組織変更。当初はFPの布教活動に苦戦するも、やがて金融の自由化やビッグバンの追い風の中、生命保険の保障分析提案ソフトが大ヒットし、自社開発した財務処方箋シミュレーションとアニメーション動画による独自のプレゼンテーション技法が話題になり、外資系生保企業を中心に、都銀・地銀・大手国内生保・外資系金融機関・大手不動産デベロッパー・大手証券会社・有名監査法人などとタイアップ事業が加速する。


その後、法人向けの独立系FPの草分け的存在として、専門書の執筆依頼も増え、年間40本近くのセミナー・講演をこなし全国を飛び回る日々となる。クライアント先企業も全国に拡がり、会社は16年間増収増益。 しかし事業拡大で得られた物質的な豊かさと反比例するかのごとく、人間関係はガタガタ、家庭は崩壊…、離婚、再婚を繰り返す。

事業での成功、モノやお金、地位や名誉では真の幸せやこころの安らぎは得られなかったが、物質的な豊かさを追い求めることで、虚ろな心を紛らわす毎日を続ける。そのストレスをごまかすために、プライベートでは哲学・心理学・精神世界の本を読みあさり、自己啓発系やスピリチュアル系のセミナー、占い学校や方位学などのセミナーに通いまくる。


そんな最中の2003年、度重なる愛犬たちの死がきっかけになり、ヒーラーの道を歩むことに…。その流れで2005年、初めて赴いた憧れのインド、そして以前から行ってみたかった憧れのサティア・サイババのアシュラムでの滞在…、そこに一歩足を踏み入れた途端に起こった衝撃の号泣体験から、それまでは天職だと思っていた財務コンサルの仕事や、勝ち組と思っていた自分の人生スタイルが砂上の楼閣だったことに気づきはじめる。

大きな戸惑いと失意、焦りの中で、本当の自分の人生を探求すべく救いを求めて、帰国後すぐに向かった南インドの悟りの学校での21日間コース。そこから自分の中のパンドラの箱が開き、気づかなかった感情や自分の人生パターンについて深い洞察が始まる。しかし、インドでの静寂体験と帰国後のあわただしい東京生活のギャップに悶え苦しむ毎日が続く。

帰国後、インドの学校の仲間を通じてマヤ暦と出会う。宇宙の循環を表すマヤのツオルキン暦の中にインド哲学や中国の陰陽思想、日本の神道との共通性を見出し、そこから次第に 「自らの役割」が浮かび上がってくるヒントが見つかり始める。


自問自答の日々が続く中、2005年秋、横浜国立大学・経営学部非常勤講師を務めることに。 半年間の授業内容は「21世紀型ビジネス考察論」というテーマを採択する。

若い学生たちとの関わりの中で、固定概念や常識にとらわれない自由な発想転換の重要性を伝えるうちに、自分の心の中にある囚われが解放されはじめる。そして2006年春、これまでの生活パターンを突然捨てたくなり、長年頑張ってきた会社をたたんで自分の本音に従って生きると宣言、と同時に会社スタッフが全員独立退職することに…。何を血迷ったか、一番執着していた会社の経営基盤の一切合切を無償で手放してしまう。(これはあとから大後悔だった!)


会社の経営基盤を手放してからは生活スタイルが一変。時間に余裕が生まれ、無意識的に繰り返してきた仕事から解放される。日常の時間が緩やかになり、犬たちと過ごしたり庭で読書をする毎日…。 しかし、社会との接点を無くし居場所がなくなることで、プライドがズタズタになる。沸き起こる孤立感や無力感の中で、怒り、不満、不安、後悔、孤独、嫉妬に翻弄される毎日が続く…。やりきれない思いがつのるまま在家出家を志すも途中で虚しくなり断念、 2007年春・秋の二度にわたり、また救いとヒントを求めてインドに赴く。そこでもう一度、自分を徹底的に深く見つめる。インド滞在中に「人からどう評価されるか?」という生き方に意識がとらわれてきたことに気づく。そして「どう自分らしく生きるか?」という命題に深くぶちあたる。


2008年1月、上海でマヤ暦講座の要請を受けて個人向け講座を開始。それまでは趣味的に行っていた講座だったが、口コミが拡がりハワイ、ロスにも赴く。その後2009年より講座名をマヤ暦2.0と変更し、新しい時代の生き方を伝えはじめると、口コミだけで定期講座が10か所に拡がる。

その後2011年1月には日本の神道のエッセンスを盛り込み講座名を「和観2.0」と名称変更し、オリジナルコンテンツ化に至るも、新しい事業の挫折、人間関係のもつれ、愛犬の突然死、そして人間不信、家族との別れ、お金にまつわるトラブルも続いて、怒りと深い孤独、嫉妬、不安と不満の深い闇の中で引きこもり状態になり、不完全燃焼が続く。


2012年春、心機一転、生れ故郷ではあるが身寄りも知人もいない山口県宇部市に拠点を移すことを決意。孤独と人間不信と自信喪失でボロボロになった人生だったが、山口県の自然の中でリハビリするうちに、不思議な神秘体験が起こりはじめ、次第に新しい活力がよみがえってくる。

また、2013年の節分を境に大きなメッセージがやってきて、いままで作りあげてきた「和観2.0」を手放し、新たに「こころの暦の謎解き講座」を立ち上げる。バージョンアップ再開後は、またまた口コミで講座が全国に拡がり、2014年から一気に受講生が増えてきて講座も活性化してくる。


個人向けでは、26000年ぶりに訪れた新しい春の時代の生き方を取り戻す「よみがえり支援」のコミュニティ 「U-Be Bonds」(うべぼん)、「そ~か!ぴょん塾」を立ち上げ、また企業向けには組織内の人間関係の活性化支援コンサルを行いながら、古民家再生利用や空洞化した地域社会のよみがえり支援、放射能汚染の除染技術推進事業、農業の再生(砂栽培の無農薬農法)、環境リサイクルのノウハウ推進事業などの業務に携わる。


22年間に渡る経営者向けコーチングならびに個人向けのカウンセリングの経験は延時間にして18,000時間以上、また法人向けのセミナーはこれまで300回以上、主婦を中心とした個人向けのセミナーや講座は優に500回を超える実績を持つ。


2005年1月より、新しい春の時代の自分らしい生き方を実践するための全国コミュニティ『たなぼたユニバース』を発足、と同時に30年の社会人生活の中で気づき育ててきた本当の自分の役割「よみがえりアクティベーター」としての集大成「あなたの生まれてきた本当の理由」が発刊される。

 

ね48 冬の星(表現)、冬の太陽(ベース)、宇宙の波 9脈動

 

☆私の人生の役割☆

26,000年ぶりに訪れた新しい春の時代に
みんなが本当の自分の音色を奏でられるよう、
人々の心にワクワクの希望と光を投げかけ
愛と調和に満ちた世の中を構築すること